真夏の蝶 ムモンアカシジミ

毎日暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

しっぽは、平版使用時のキベリタテハがドイツ箱の中で
見すぼらしくなってきたので、思い切って軟化して再展翅しております。
今年のキベリはどうでしょうかね?

さて、この時期は蟻で育てられる蝶が続々と羽化しますが、
今日はムモンアカシジミ採集に行ってきました。


d0356192_15483381.jpg

↑これは昨年同ポイントでの採集品です。


今年はどうかな?
場所は新潟県の某ダム湖です。
毎年楽しみに、ここのムモンアカを採集しています。

d0356192_18205792.jpg
↑ 先々週の大雨で相当雨水が流れ込んだのでしょう、
あちこちで災害の爪跡が痛々しいです。
更に少し歩いていくとポイント到着します。


d0356192_16191883.jpg
↑ ポイントに到着しました。
ツルの先にあるクヌギか栗の木がホストです。



d0356192_16195352.jpg
↑急斜面のクヌギの木です。写真が撮れなかったのですが、
この木の周辺には、ムモンアカシジミが複数飛翔していました。


d0356192_16201955.jpg
↑手前はツルの大群落で、奥にクヌギがあり、そこのムモンアカが
飛翔している姿を見受けられます。
6mの長竿で挑みます。
しかし、ツルをかきわければ届くのですが、
実はツルの真下は断崖絶壁!

指をくわえて見てるしかありません。

時々手間に♂♀が連んでくるので、
それまで辛抱です。。。。

小一時間待って、
d0356192_16203766.jpg
↑♂2 ♀1 ゲットで今年2017年度のムモンアカは終了〜。

今年もありがとう☺️

d0356192_07280941.jpg
↑2017年7月採集


来週はいよいよ奥只見のオオゴマシジミに挑戦です。

[PR]
by usaginoshippo1228 | 2017-07-30 18:46 | ムモンアカシジミ | Comments(0)

蝶を主としたブログですが、いちばん綺麗な発生初期の個体のみを採集しています。


by usaginoshippo1228
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30