オオムラサキ山梨県遠征その2



土曜日とあってセンターは賑やかでした。
d0356192_21062803.jpg
↑今年はオオムラサキ国蝶60周年だそうです。


d0356192_01340369.jpg
↑入館証代わりのステッカーです。


d0356192_01254598.jpg
↑オオムラサキコーナーです。

d0356192_20240612.jpg
↑国蝶に決定した流れです。

続きまして、、、、、
d0356192_01001463.jpg
↑オオムラサキ異常型の標本もありました。


d0356192_00591928.jpg
↑異常型の代表格モルフォオオムラサキです。
大変きれいです。

d0356192_01133636.jpg
↑最初は異常型だとは気が付きませんでした。
昆虫界では稀にある雌雄モザイク異常型。
傷があるので採集品かと思いきや飼育品でした。
残念ながら展翅がイマイチです。




ほかにもゲンゴウ展も開催されていました。
d0356192_21055075.jpg
専門ではないのでパネルだけ掲載します。
d0356192_21122989.jpg
↑ノーマルゲンゴウです。
しっぽが小学生時代でもレア扱いでした。


d0356192_21132734.jpg
↑クロゲンゴウ
ガムシみたいですね〜。

d0356192_21130998.jpg
↑トビイロゲンゴウ



d0356192_21124673.jpg
↑コガタノゲンゴウ
復活傾向か⁉︎ それでもゲンゴウは少ないです。


d0356192_21115668.jpg
↑ヒメフチトリゲンゴウ
綺麗なゲンゴウです。

d0356192_21113359.jpg
↑フチトリゲンゴウ
結構大型のゲンゴウなんですね。
種の保存種


d0356192_21111837.jpg
↑ゲンゴウモドキ
モドキ類は少なくなってきてる⁈


d0356192_21105944.jpg
↑シャープゲンゴウモドキ
レア中のレアゲンゴウ。
ゲンゴウ界では幻の種か⁉︎


d0356192_21104015.jpg
↑マルコガタノゲンゴウ
これも保存種です。


d0356192_01135353.jpg
↑蝶に戻りまして、ヒョウモンモドキです。
6月初旬の一週間程度しか見ることができないチョウです。
何処かでひっそり生き続けていることを祈ります。


d0356192_21052650.jpg
↑いよいよオオムラサキとご対面です。


d0356192_01143374.jpg
↑おじさんの脚に♂♀がくっついて離れませんでした。


d0356192_00590087.jpg
↑カンピンの個体が多かったです。
今年はオオムラサキも遅れています。

d0356192_21365540.jpg
↑♀もカンピン!黄色い波紋の個体が多かったです。

d0356192_21372893.jpg
↑外は30度超え‼️オオムラサキもさすが暑いです。

d0356192_21361520.jpg
↑サナギはまだ多く、これから続々と羽化が始まる様です。



[PR]
by usaginoshippo1228 | 2017-07-10 21:40 | オオムラサキ | Comments(0)

蝶を主としたブログですが、いちばん綺麗な発生初期の個体のみを採集しています。


by usaginoshippo1228
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30